初心者必見!テント選びのポイントと"ファミリーキャンプ"におすすめしたいテント10選

管理人のアバター
こんにちは、スマイルキャンプのひろみんママです。上手に節約しながらファミリーキャンプを応援しています。

キャンプを始めようと思った時、まず必要なのがテントですね。ちょくちょく買い替えができるほどお安くはないので、選ぶ際は慎重に検討したいものです。そこで【テント選びのポイント】【ファミリーキャンプにおすすめしたいテント10選】をご紹介します。

これからキャンプを始める方やテントの買い替えをご検討中の方ぜひ参考になさって下さい。

テントの種類

テントは素材大きさなどさまざまな種類があり、これからキャンプを始めようとする方にとっては特に難しい選択です。

種類の違うテントのイラストが並んでいる様子

まずはそれぞれのテントの特徴メリット・デメリットを把握して、自分の理想にあったテントのスタイル(種類)を決めましょう。

メリット・デメリットを知ろう!

テントの形状は主に4種類に分けることができます。

●ドームテント

●2ルームテント

●トンネルテント

●ワンポールテント

それぞれに「メリット」「デメリット」があり、どちらもしっかり把握した上でベストなものを選択したいものです。

管理人のアバター
テントの形状4種類について詳しくみていきましょう!

ドームテント

出典:楽天市場

ドームテントは天井が丸みを帯びたドーム型のテントで、ソロキャンプからファミリーキャンプ向けまでラインナップが豊富な定番テントです。

特徴は2本のポールをクロスさせてポールのしなりによって生地を持ち上げ形を作ります。丸みのあるフォルムは風に強く耐風性に優れています。

ーメリットー

  • コンパクトなのでサイトのレイアウトの自由度が高い
  • シンプルな作りなので初心者でも設営しやすい
  • 耐風性に優れている

-デメリットー

  • リビングにはタープを設置する必要がある
  • 背が低いものが多く若干窮屈

2ルームテント

出典:楽天市場

2ルームテントはドームテントにスクリーンタープが付いていて、寝室とリビングが一体化しているテントのことです。タープを張る必要がなく、急な雨や風でも安心。プライベート感もあります。

ドームテントに比べ設営が少し難しく一人だと大変かもしれません。

-メリットー

  • リビングと寝室が一体化しているため1つで設営完了
  • 急な雨や風でも安心
  • プライベートな空間が保持できる

ーデメリットー

  • テント自体が大きく狭い区画だと入らない場合がある
  • 重くサイズも大きいためメンテナンス(乾燥等)が大変
  • 設営が少し複雑なので慣れるまで時間がかかる

トンネルテント

出典:楽天市場

トンネルテントとは、テント内に寝室とリビングがあるトンネル型のテントのことです。2ルームテントとの違いは3~4本のポールをアーチ状に通して立ち上げるだけのシンプルな設営行程です。インナーテントを外すとシェルターとして使えます。

トンネルテントといえば大人数のキャンプをイメージされるかもしれませんが、2~3人用の小さ目サイズもあり、とても人気の高いテントです。

ーメリットー

  • リビングスペースが広く、高さもあるのでテント内で快適に過ごせる
  • 急な雨や風でも安心
  • プライベートな空間が保持できる
  • 設営行程がシンプルで簡単

ーデメリットー

  • テント自体が大きく狭い区画だと入らない場合がある
  • 重くサイズも大きいためメンテナンス(乾燥等)が大変
  • 奥行がある分夏場は熱が逃げにくく暑い
管理人のアバター
我が家はDODのカマボコテントを使っています。設営が簡単でテントはほとんどパパ一人におまかせしています。
 

ワンポールテント

出典:楽天市場

ワンポールテントとは中心に1本のポールを立ててそこから幕を吊り下げて作る錐型テントのことで、モノポールテントとかティピーテントとも呼ばれています。

三角帽子のような見た目で、スタイリッシュさが魅力です。設営は周辺にペグを打ち、中心に1本のポールを立てるだけのシンプルな行程なので、慣れれば比較的簡単です。

ーメリットー

  • 軽量で設営もシンプルで簡単
  • 天井が高く立ったまま着替えることも可能
  • 雪が積もりにくく冬キャンプでも活躍

ーデメリットー

  • センターポールがあるため室内のレイアウトの自由度が下がる
  • 前室がないものは雨風が室内に吹き込みやすい
  • 中心は高さがあるが外側へいくほど高さがなく若干窮屈に感じる
  • 開閉できる部分が少なく通気性が悪い
管理人のアバター
どのテントにもデメリットがあります。どこを妥協できるかがカギですね。

あわせて読みたい

こんにちは、スマイルキャンプのひろみんママです。上手に節約しながらファミリーキャンプを応援しています。キャンプでの睡眠はとても重要です。昼間はサイトの設営・調理・片付けなどで体は意外と疲れています。寝袋(シェラフ)選び[…]

2023年最新版ファミリーおすすめ寝袋6選

テント選びのポイント

ポイント1ー設営のしやすさ

テントのペグ打ちの様子

初心者の方はテントの設営に不安を抱えていることも多いですね。初めてのテントは設営のしやすさに重点を置いて選ぶようにしましょう。

毎回設営に手こずって時間がかかると、キャンプ自体が面白くなくなってしまう可能性もあり、それでは本末転倒です。

また、小さいお子様がいらっしゃるファミリーキャンプにおいては、お子様の安全を確保するためにも時間をかけずにテント設営したいものです。

ポイント2-サイズ

最適なテントのサイズは、キャンプで寝泊まりする人数によって変わってきます。

テントに表記されている使用人数は"最大収容可能人数"なので、荷物を置いたりすることを考えると、快適に過ごすには表記されている人数よりマイナス1~2名で考えるのがベストです。4人家族であれば5~6名用のテントが理想です。

管理人のアバター
ただし、テントは寝るだけの利用というのであれば、それほど高さや大きさにこだわる必要はありませんね。

ポイント3ー保証やアフターフォロー

テントは自然の中に設置するものですので、予期せぬことからポールが折れてしまったり、幕に穴が開いてしまったりトラブルも少なくはありません。

そんな時安心なのが保証アフターフォローです。テントは高価な買い物です。購入する際はメーカー保証がどの程度付いているのかはしっかり確認すべきです。

出典:楽天市場

なおアウトドアブランド「スノーピーク」には保証書がありません。なぜなら全製品「永久保証」というシステムだからです。

できる限り修理し長く使ってもらいたいという思いから、全製品保証書なしで修理してくれます。

管理人のアバター
逆に言えばそれだけ自社の製品に自信をもっているということですね。素晴らしい!!

ポイント4-予算に合わせた価格帯

テントの価格帯はとても幅広いです。それぞれにお財布事情があるので、まずは自分の予算に合った価格帯で探しましょう。

電卓と貯金箱の画像で予算をイメージ

またキャンプを始める時には揃えるものがいっぱいで、ある程度初期投資が必要となります。他のギアの購入も頭に入れて調整する必要があります。

ただし、テントはキャンプにとって命とも言えるとても重要なギアです。安いからといって品質に妥協することのないように気を付けましょう。

管理人のアバター
以上、テント選びのポイントについてご紹介しました。高い買い物ですので後悔しないようにしっかりポイントをおさえて探しましょう。

あわせて読みたい

上手に節約しながらファミリーキャンプを応援しているひろみんママです。キャンプを始める初心者の方にとって、キャンプギアの選定は楽しいながらも悩ましい一歩ですね。今回はその中でも、しばしば見過ごされがちなアイテムの一つ、ペグ用の収[…]

キャンプギアの整理術!ペグ収納ケースおすすめ10選
あわせて読みたい

上手に節約しながらファミリーキャンプを応援しているひろみんママです。みなさん「鍛造(たんぞう)ペグ」ってご存じですか?ひろみんママはキャンプを始めた当初から愛用しています。今回はわざわざ買い換えてほしいほど魅力ある最強[…]

付属のペグで大丈夫?最強「鍛造ペグ」おすすめ4選

ファミリーキャンプにおすすめテント10選

管理人のアバター
記事の情報は2023.3時点のものです。詳しくは公式HPなどでご確認下さい。

おすすめドームテント

コールマンタフワイドドームテントV/300

出典:楽天市場

製品スペック

定員5~6名
重量約11㎏
耐水圧約2000㎜
収納サイズ約23×25×72cm
テント室内高185㎝
付属品ポール3本、リアバイザーポール1本、自在ロープ8本、スチールペグ13本、
プラスチックペグ6本、ハンマー1本

一人でも設営できるアシストクリップが付いています。強風でも安心のアルミフレームを使用。スタートパッケージということで、インナーシートグランシートがセットになっています。

初めてのテントはドームテントだったというキャンパーの方は少なくありません。これから始めるという方は、まずこのオーソドックスなドームテントを選べば間違いないでしょう。

ogawa(オガワ) ピスタ5

出典:楽天市場

製品スペック

定員5名
重量約8.0㎏
耐水圧約1800㎜
収納サイズ約80x25x25cm
テント室内高180㎝
付属品張り綱2.5mx4本、Pペグ22cmx8本、スチールピン20cmx6本
ハンマー1丁、収納袋

長く愛されている小川のドームテントに2023年新色が登場しました。前室を作るためのフレーム1本と本体を形成するためのフレーム2本で構成されているので非常にシンプルで設営が簡単です。

全周にスカートもついており、隙間風を防ぐことができます。ピスタ5のフロントパネルは別売りのキャノピーポールがあれば跳ね上げられるようにもなっています

リビングスペースを確保したい場合はこちらのタープがおすすめ!

管理人のアバター
何年経ってもあきがこないベーシックなドームテントですね。

スノーピーク アメニティドームL

出典:楽天市場

製品スペック

定員6名
重量約9.8kg
耐水圧1800㎜ミニマム
収納サイズ74×24×27(h)cm
テント室内高165㎝
付属品本体フレーム長(×3)、前室フレーム(×1)
ジュラルミンペグ(17cm×18)、自在付ロープ(1.4m×2、2.5m×2、2又5m×2)
リペアパイプ、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース

前室には出入りがしやすい大きなサイドドアパネルがありフロントパネルを閉じたままサイドから出入りが可能です。

通常耐水圧の表記方法は生地上の平均値なのですが、スノーピークは「どこを計測しても最低1,800mm」であるという独自の表記方法となっています。高い防水・撥水加工が施されていて品質は間違いないでしょう。

管理人のアバター
続いてはおすすめの2ルームテントを見ていきましょう~

おすすめ2ルームテント

コールマンタフスクリーン2ルームTX/MDX

出典:楽天市場

製品スペック

定員4~5人用
重量約20.5kg
耐水圧約2,000mm
収納サイズ約φ35×74cm
テント室内高約173㎝
付属品ルーフフライ、キャノピーポール x 2、ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース

コールマン定番の2ルームテント、タフスクリーンにコットンのような風合いのテックスファイバーポリエステルを使用した新作が発売されました。さらに旧バージョンにはなかった寝室側のスカートが追加され、見た目と機能性どちらもグレードアップしています。

付属するインナーテントは広々とした吊り下げ式で家族4人でもゆったり快適に過ごせます。

スノーピーク エントリー2ルームエルフィールド TP-880R

出典:楽天市場

製品スペック

定員4名
重量約15.5㎏
耐水圧1800㎜ミニマム
収納サイズ83×30×34cm
テント室内高175㎝
付属品本体、インナールーム、ルーフシート、フ レーム長(×1)
フレーム中(×2)、フレーム短(×1)、 リッジポール(×1)
ジュラルミンペグ(21cm×22)、自在 付ロープ(2.5m×8、1.5m×8)
キャリーバッグ、フレーム ケース、ペグケース

こちらはキャンプ初心者向けの2ルームテントです。エントリーモデルということでシンプルな構造で設営しやすく、ビギナーに必要十分な機能性のみに絞り込むことで価格を抑えています。インナールームとルーフシートを標準装備していてコスパが高いです。

ogawa(オガワ) ファシル 2737 

出典:楽天市場

製品スペック

定員4名
重量13.6㎏
耐水圧1800㎜
収納サイズ72×32×32cm
テント室内高180㎝
付属品ルーフフライ、張り綱、アイアンハンマー
スチールピン、収納袋

シンメトリーの美しさが目を惹く個性的な2ルームテントです。全方向フルメッシュでシェルター使用も可能でインナーテントは左右どちらにも付けてもOK

寝室もリビングもこれまでにないジャストなサイズ感が人気となっています。

管理人のアバター
2ルームテントは急な雨風の時でも安心ですね。次はトンネルテントのおすすめをご紹介します。

おすすめトンネルテント

VASTLAND トンネルテント Mサイズ 5人用

出典:楽天市場

製品スペック

定員5名
重量(約)19.5kg
耐水圧アウターテント:3000mm、インナーテントフロア:5000mm
収納サイズ約 幅72cm×奥行35cm×高さ35cm
テント室内高180㎝
付属品アウターテント、インナーテント、ポール収納袋
自在ロープ(短)×8本、自在ロープ(長)×4本
ポール×4セット、ペグ×30本、補修用パッチ

高い快適性と開放感を両立した「トンネルテント M(5人用)」です。自由度の高い設営を楽しめるため、設営スタイルを限定しないファミリーやグループキャンプにおすすめです。

四面の大型ドアはそれぞれメッシュ・オープン・クローズの状態にでき、シーンに応じた使い分けが可能です。フロントドア外側に「大型メッシュポケット」、内部の四隅に「収納ポケット」を設けており、お財布やカトラリーなどの小物入れとして活躍します。

テントの長さが6mを超えるので、区画は最低でも8m×8mは欲しいですね。

管理人のアバター
リビングスペースが超広いので、雨の日はタープなしでも問題ありません。

 ogawa(オガワ) アポロン 2788(5人用)

出典:楽天市場

製品スペック

定員5名
重量23.0kg
耐水圧1800㎜
収納サイズ80×45×35cm
テント室内高188㎝
付属品張り綱、アイアンハンマー、ルーフフライ、スチールピン、収納袋

一般的なトンネル型のテントは3~4本のポールを横からアーチ状に形成しているのが特徴ですが、こちらのアポロンは加えてさらに縦方向に3本のリッジポールを加えており、自立するとともに強度をアップさせています。

さらにもう一つ優秀な点はインナーテントの側面部分までメッシュにすることができるところ。通気性が高く夏でも涼しく熟睡できそうですね。

おすすめワンポールテント

DOD ヤドカリテント T6-662-TN

出典:楽天市場

製品スペック

定員6名
重量約15.7㎏
耐水圧2000㎜
収納サイズ約W70×D32×H32cm
テント室内高300㎝
付属品フライシート、インナーテント、ポール、ロープ×12本、ぺグ×19本
ポール用バッグ、ペグ用バッグ、タイベルト×2本、キャリーバッグ

開放的なリビングスペースが作れる2ルーム構造のワンポールテントです。前面のパネルにはサイドウォールがあり、雨風の侵入を軽減できるとともに、プライバシー確保のための目隠しとしても使うことができます。

インナーテントはポリコットン素材を採用し、夏は涼しく冬温かいのでオールシーズン仕様となっています。また出入り口が3か所ありメッシュドアにもなるので通気性もバッチリです。

あわせて読みたい

こんにちは、スマイルキャンプのひろみんママです。上手に節約しながらファミリーキャンプを応援しています。皆さんキャンプ用ゴミ箱はどのようなタイプを使っていますか?主な種類としてはポップアップタイプやスタンドタイプなどがありますね[…]

DODのゴミ箱ステルスエックス徹底レビュー

ogawa ( オガワ ) グロッケ12 T/C

出典:楽天市場

製品スペック

定員5~6名
重量14.7kg
耐水圧1800㎜
収納サイズ80×35×33cm
テント室内高270㎝
付属品グランシート、張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋

室内は12平米あり大人6名が寝れます。さらに72㎝のサイドの立ち上がりがあるので、ワンポールテントのデメリットであるテントの端のデットスペースがなく、より広さを感じることができます。

出入口以外の4面の立ち上がり部分には大きな窓が付いていて、メッシュにもなるので風通しも良く夏も快適に過ごすことができます。

管理人のアバター
以上ファミリーキャンプにおすすめしたいテント10選をご紹介しました。ひろみんママも新しいテントが欲しくなっちゃいました・・・

あわせて読みたい

こんにちは、スマイルキャンプのひろみんママです。上手に節約しながらファミリーキャンプを応援しています。みなさん、コットはお持ちですか?ひろみんママはキャンプ用に1台持っています。コットはアウトドアなどで使う簡易式のベッ[…]

買う前に見てほしい コット選びのポイントと注意点
あわせて読みたい

上手に節約しながらファミリーキャンプを応援しているひろみんママです。キャンプでの睡眠を左右するキャンプマット。寝心地が悪くて寝不足になってしまったり、寝れたけれど朝起きたら体が痛くて・・・これではキャンプの楽しさ半減です。[…]

快適な睡眠をキャンプマットおすすめ8選

まとめ

お洒落なキャンプサイトのイメージ画像

テントの主な種類

  • ドームテント
  • 2ルームテント
  • トンネルテント
  • ワンポールテント

テント選びのポイント

  • 設営のしやすさ
  • 人数に適したサイズ
  • 保証やアフターフォロー
  • 予算に合わせた価格帯

今回はファミリーキャンプに重点を置き「テントの種類」「テント選びのポイント」「テントおすすめ10選」をご紹介しました。

年々新しく素敵なテントが発売され、その機能性もどんどんUPしています。今後もまだまだキャンプブームは衰えることなく進化していくことでしょう。

ご自身が最も優先したいポイントは何なのかをしっかり考えて、ベストなファミリーテントを見つけて下さい!

自分好みのキャンプギアを探そう!

2023年最新版ファミリーおすすめテント10選
最新情報をチェックしよう!