【最新版】寝袋(シェラフ)選びのポイントと"ファミリーキャンプ"におすすめしたい寝袋6選

管理人のアバター
こんにちは、スマイルキャンプのひろみんママです。上手に節約しながらファミリーキャンプを応援しています。

キャンプでの睡眠はとても重要です。昼間はサイトの設営・調理・片付けなどで体は意外と疲れています。

寝袋(シェラフ)選びを間違ってしまうと、夜全然眠れないなどせっかくのキャンプが台無しになってしまいますよね。

今回は寝袋選び悩んでいる方のために、寝袋の種類や特徴、また選ぶ際のポイントを詳しくご紹介します。ファミリーキャンプにおすすめしたい寝袋も合わせてご参考になさって下さい。

あわせて読みたい

こんにちは、スマイルキャンプのひろみんママです。上手に節約しながらファミリーキャンプを応援しています。夜のキャンプを快適に過ごすにはランタンは必要不可欠です。照明としての役割はもちろんですが、雰囲気づくりに一役かってくれるよう[…]

ランタンを買う前に。初心者向け基礎知識と選び方ガイド

寝袋(シェラフ)の選び方ポイント

寝袋は英語では「Sleeping Bag(スリーピングバッグ)」と言います。よく聞く"シェラフ"という呼び方はドイツ語の「Schlafsack(シェラフザック)」を略したものです。シェラフの方がなじみ深いという方が多いかもしれませんね。

管理人のアバター
それではまず、寝袋の種類や特徴について詳しくみていきましょう。

寝袋の種類

寝袋の種類であるマミー型と封筒型のイラスト

寝袋の種類は主に「マミー型」「封筒型」の2種類に分けられます。それぞれの特徴はこちらです。

マミー型

マミーはミイラを意味するMummy(マミー)がもとになっていると言われています。ミイラのように体の形にに合わせた形状であることからマミー型と呼ばれるようになりました。

密着性が高く、体温を逃がしにくい構造で保温性に優れています。その一方で慣れるまでは窮屈で寝苦しく感じることも。

封筒型

封筒型はその名の通り長方形の封筒のような形状で、家の布団に近いため寝心地が良いのが特徴です。寝返りもできるほどゆったり感があり、ファスナーを開け閉めすることで温度調整が簡単にできます。

マミー型に比べるとフィット感がないため保温性は劣り、持ち運びの際には少し嵩張ります。

素材の違い

寝袋の中綿の素材は「ダウン」「化学繊維」の2種類に分けられます。どちらもメリット・デメリットがあり、選ぶ際の重要なポイントとなります。

ダウン

ダウンの一番の特徴は保温性が高いところです。ダウン素材は寒さに強いので登山や冬のキャンプにおすすめです。羽毛がふかふかしていてとても軽く収納サイズも非常にコンパクト。荷物を少なくしたい場合はダウン素材の寝袋がGOODです。

一方ダウンは濡れに弱い面があり、メンテナンスにも少し手間がかかります。価格も高めです。

管理人のアバター
ダウンのシェラフは家族人数分揃えると結構な出費になりますね・・・

化繊

化繊はダウンに比べ耐水性に優れています。濡れても乾きやすく、洗濯機で洗濯が可能なのでメンテナンスがとてもラクちんです。

保温性はダウンに劣りますが、比較的安価なものが多くお財布に優しい面があります。収納時の大きさはダウンに比べると多少大きいですが、車で持ち運びできるのであればそれほど気にする部分ではないかと思います。

使用温度

寝袋にはそれぞれ使用するにあたり適正温度というものが設定されています。「快適使用温度」「限界使用温度」を明記しているメーカーが多いです。

快適使用温度

快適使用温度とは、この温度域内であれば快適に眠ることができるということ。一般的に成人女性の感覚が目安になっているみたいです。(女性は男性より寒さを感じやすいことから)

どんな寝袋にすべきか考える時、まずは行先の最低気温を確認しましょう。最低気温から-5℃くらいが快適使用温度の下限になっている寝袋がベストです。

つまり、行先の最低温度が10℃だった場合は、快適使用温度の下限が5℃くらいの寝袋を選ぶと安心ということです。

限界使用温度

限界使用温度とは、寒さを感じることはあるが工夫次第で使用可能であるということ。こちらを基準に考えるのはあまりおすすめしません。冬キャンプや登山などで万が一限界使用温度を下回ってしまったら、眠れないのはもちろん、命に係わることもあるため危険です。

管理人のアバター
あくまでも快適使用温度に合わせて購入することをおすすめします。

使用するシーズン別快適使用温度の目安

使用シーズン快適使用温度の目安
夏用5℃~10℃
3シーズン(春~秋)-5℃~5℃
冬用-5℃以下

こちらはあくまでも目安です。夏でも標高の高いキャンプ場は夜かなり冷え込む可能性があります。行先の最低気温は必ずチェックしてから出かけましょう。

あわせて読みたい

こんにちは、スマイルキャンプのひろみんママです。上手に節約しながらファミリーキャンプを応援しています。キャンプを始めようと思った時、まず必要なのがテントですね。ちょくちょく買い替えができるほどお安くはないので、選ぶ際は慎重に[…]

2023年最新版ファミリーおすすめテント10選
あわせて読みたい

上手に節約しながらファミリーキャンプを応援しているひろみんママです。キャンプでの睡眠を左右するキャンプマット。寝心地が悪くて寝不足になってしまったり、寝れたけれど朝起きたら体が痛くて・・・これではキャンプの楽しさ半減です。[…]

快適な睡眠をキャンプマットおすすめ8選

ファミリーキャンプにおすすめの寝袋6選

色々な寝袋の画像

ファミリーキャンプで特に注意すべき点は、お子さんへの配慮です。特に年齢が小さいお子さんは環境の変化で体調を崩しやすいため、快適な睡眠をとれるようにしてあげる必要があります。

お子さんの睡眠に重点を置いて、ファミリーキャンプにおすすめしたい寝袋をご紹介します。

おすすめの寝袋

①コールマン ファミリー2IN1/C5(グレージュ)

快適使用温度は気温5℃以上で、リサイクル生地を採用した大型の寝袋です。ご自宅で1つの布団で添い寝しているのと同じ感覚なので、小さいお子さんも安心して眠ることができます。

上下を分割して1人用にすることも可能なので、お子さんの成長に合わせて使い分けができます。洗濯機で丸洗いもでき、メンテナンスがラクなのも魅力です。

製品スペック

快適使用温度5℃以上
使用サイズ約168×190cm
重量約5.5㎏
材質ポリエステル

②コールマン ファミリー2IN1/C5 従来品

①の新バージョンのグレージュもおすすめですが、従来品のこちらは現在価格がお安くなってきているのでとてもコスパが高いです。

重量は新バージョンより軽く、もちろん洗濯機で丸洗いOK。その他のスペックはほぼ同じなので、少しでもコストを抑えたい方は断然こちらがおすすめです。

製品スペック

快適使用温度5℃以上
使用サイズ約168×190cm
重量約3.7㎏
材質ポリエステル
管理人のアバター
我が家4人家族は、こちらのシェラフ2個を3シーズン使用しています。

コールマンの寝袋で寝ている様子

夏はほぼ敷布団になっちゃいます。兄妹で同じ格好で寝てるのがおもしろいww

③ロゴス 抗菌防臭 丸洗いウォーマーシェラフ・-4

適正温度-4℃まで対応の抗菌防臭加工を施したシェラフです。銀とポリマーを組み合わせた構造で高い抗菌効果を維持します。洗濯機で丸洗いOKです。

また、上部にはネックウォーマーが付いていて首元からの冷気を遮断してくれます。ネックウォーマーは枕としても使用できます。

なお、同じ型番の寝袋であれば連結が可能なので、大型の寝袋として使うことができます。

製品スペック

快適使用温度-4℃以上
使用サイズ約80×190cm
重量約2.6㎏
材質表面・肌面:モイスポリ
中綿:ダイナチューブファイバー
あわせて読みたい

こんにちは、スマイルキャンプのひろみんママです。上手に節約しながらファミリーキャンプを応援しております。キャンプでの楽しみの1つであるBBQや食事、そしてビールタイム🍺。宿泊を兼ねるキャンプでは何食分もの食材を持参しなければな[…]

ロゴス保冷剤 倍速凍結 氷点下パック

④DOD わがやのシュラフ

幅が230㎝もあり4人家族が一緒に寝ることができる特大サイズの寝袋です。本体に収納バックが縫い付けてあり、上下2枚を連結したままくるくると丸めてバックに入れるだけなので、後片づけがとても簡単なんです。

表面の材質はポリエステルですが、肌に触れる部分はコットン100%でシャカシャカせず肌触りが良いのも特徴です。

洗濯機での丸洗いOKで、上下を分割して2人用のシェラフ×2として使用することも可能です。

製品スペック

快適使用温度5℃以上
使用サイズ約W230×D200cm
重量約4.8㎏
材質ポリエステル・綿

コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ

マルチレイヤースリーピングバッグは3層構造になっていて、組み合わせを変えることで4シーズン対応のモデルとなっています。通常冬も対応可能な寝袋は3~4万円が相場だったりしますが、こちらは1万円台で購入できるので、かなりコスパが高いです。

ファスナーをつなげて連結が可能なので、小さなお子さんと添い寝もできます。また洗濯機で丸洗い可能です。

ただやはりダウンではないので、収納サイズが大きいのが難点でしょうか。車でのキャンプで積み込むスペースに余裕があるのであれば問題ありません。

製品スペック

快適使用温度ミッドレイヤーのみ:6℃
アウターレイヤーのみ:3℃
全レイヤー:-7℃
使用サイズW90×D200cm
重量4.9kg
材質ポリエステル

⑥ロゴス 丸洗いソフトタッチシュラフ -4

こちらの丸洗いソフトタッチシェラフは、肌に触れる内側に「やわらかフランネル素材」を使用していて、とにかく肌触りが良く気持ちいいのが魅力です。

フランネルとはポリエステル系素材に毛足の長い起毛を施したもので、やわらかな肌触りを実現したと同時に、起毛の間に空気の層ができ保温性もUPしています。

同じ型番のシェラフと連結可能で、親子でゆったり寝ることができます。商品名の通り、大型の洗濯機で丸洗いがOKでいつでも清潔を保てます。

製品スペック

快適使用温度-4℃以上
使用サイズ約W75×D190cm
重量約2.4㎏
材質表面:サーマブレスクロス
肌面:やわらかウランネイル
中綿:ダイナチューブファイバー

あわせて読みたい

こんにちは、スマイルキャンプのひろみんママです。上手に節約しながらファミリーキャンプを応援しています。みなさん、コットはお持ちですか?ひろみんママはキャンプ用に1台持っています。コットはアウトドアなどで使う簡易式のベッ[…]

買う前に見てほしい コット選びのポイントと注意点

まとめ

寝袋を干して乾かしている様子

寝袋を選びのポイントまとめ

  • 形(マミー型・封筒型)
  • 素材(ダウン・化繊)
  • 快適使用温度(夏用・3シーズン用・冬用)

今回はファミリーキャンプにおすすめしたい寝袋6選をご紹介しました。共通しているのは、

✔ お子さんと添い寝ができる

✔ 洗濯機で丸洗いができる

という2点です。

お子さんがキャンプでも快適に熟睡できるように、できる限り自宅と同じような環境にしてあげることが大切です。

さらにお子さんはたくさん汗をかいたり、時にはおねしょの心配もあるため洗濯機で丸洗いができることは重要なポイントですね。

今回ご紹介した寝袋は、1人用にも切り替えができるものがほとんどですので、お子様の成長とともに使い方が変更できるのが魅力です。ファミリーキャンプの寝袋選びに迷っている方はぜひご参考になさって下さい。

自分好みのキャンプギアを探そう!

2023年最新版ファミリーおすすめ寝袋6選
最新情報をチェックしよう!